株式会社華月 KAGETSU GROUP

2019.06.12

葉月進行状況ご報告

造成工事も大詰めとなり現場視察へ行きました。ほぼ大きな造成工事も終わり畑の土を戻す作業もほぼ完了となりました。いよいよ次世代IT管理型大型温室ハウス着工も目前となり今月末に各関連企業と現場打合せとなります。打ち合わせ後はハウス建設に使う資材を大型トラックで運搬し準備段階となります。また二期工事の段取りも急務であり市と連携強化して取り組む段階になりました。これだけTVや雑誌社、新聞等で取り上げられてる現状である中、未だに県は一切手伝おうとせず何の連絡もしてきません。障碍者雇用、大型雇用や高齢者雇用、次世代の若者らの育成や勉強の場として職場開放、三間で生産した商品を県外へ流通販売し販路開拓や拡大、地場の農業従事者とのパートナーシップや協力体制、地域創生や活性化、環境美化など全て私らのみで取り組んでいます。こんな環境では次の世代の子たちが新しい分野に興味を持つはずもなく「偏った今ある視野でしか将来性を見いだせない」現状だと実感しました。市とは協力体制ではありますが現状、市だけでは限界があります。私の性格上、協力しようと言う姿勢を見せない機関とは今後一切関わるつもりはありません。出来上がってから「いかにも」の体裁でこられてもかなり頭に来てますので拒否します(笑)また工事に進展がありましたらご報告させて下さい。